世界規模で導入が進むスマートグリッド

日本全国の自治体でメガソーラーの誘致活動が行われており、原発からの依存を少しでも和らげようと進められています。
メガソーラーの設置も大切なことですが、家庭毎に太陽光発電を導入することで脱原発に一歩近付くのです。 太陽光発電は太陽の光を利用して発電をするシステムですが、暑い地域ほど格段に発電量が高いというワケではありません。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。
送電調整や停電防止のために非常に適しているのがスマートグリッドであり、世界的規模で普及が進められています。
日本ではビジネスチャンスとしての傾向が強く、スマートグリッドが注目をされているのです。

 

日本国内でも暖かい地域とそうでない地域があり、比較的中部地方では太陽光発電の効率が若干向上します。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。



世界規模で導入が進むスマートグリッドブログ:19-05-23

あたしは、
「鍋減量」を実践しております。

鍋減量というのは、
9時食・12時食は好きなものを食べて、
夕方食に野菜をたっぷり使った
鍋料理を食べる減量法です。

鍋料理は調理に油を使わないので、
炒め物、揚げ物などの調理法に比べてヘルシーであることと、
茹でることで野菜をたくさん使うことができ、
野菜やきのこ、魚介類、肉類などがバランスよく食べられ、
ビタミンやミネラルも摂取できる
ヘルシーな減量法だと思います。

鍋料理によく入れる野菜と言えば…

まずは、白菜。
ビタミンC、カルシウム、鉄、カロチンなど
芯の部分に特に栄養が豊富に含まれています。
キャベツに比べ、糖質が少なく低カロリーで
減量にはもってこいの食材です。
その他にも美肌効果、風邪予防、便秘の改善が期待できますよ。

長ネギ。
葉の部分にビタミンA(βカロテン)、
茎の部分にビタミンCを多く含みます。
独特の香りは「硫化アリル」という栄養成分で、
ビタミンB1の吸収や働きを高め、
からだの疲労回復効果や食品の消化・吸収を高めてくれます。

人参。
βカロテンを豊富に含む緑黄色野菜で、風邪予防、
またドライアイを防ぐ役割もあります。
また、抗酸化作用によりからだの中から老化を防止する効果があります。

きのこ類。
食物繊維、ビタミンB群、ビタミンD2、ミネラルなどを豊富に含み、
低カロリーなうえに便秘の改善にも効果があり、
減量にはぴったりの食材です。

このように鍋料理は、
たくさんの減量にうれしい効果がある
野菜を食べることができますよ。

からだの温まる鍋を美味しく頂きながら、
楽しく減量しましょう!


このページの先頭へ戻る