このメニューでは世界規模で導入が進むスマートグリッドについてご案内しています。
世界規模で導入が進むスマートグリッド

世界規模で導入が進むスマートグリッド


世界規模で導入が進むスマートグリッド
日本全国の自治体でメガソーラーの誘致活動が行われており、原発からの依存を少しでも和らげようと進められています。
メガソーラーの設置も大切なことですが、家庭毎に太陽光発電を導入することで脱原発に一歩近付くのです。 太陽光発電は太陽の光を利用して発電をするシステムですが、暑い地域ほど格段に発電量が高いというワケではありません。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。
送電調整や停電防止のために非常に適しているのがスマートグリッドであり、世界的規模で普及が進められています。
日本ではビジネスチャンスとしての傾向が強く、スマートグリッドが注目をされているのです。

日本国内でも暖かい地域とそうでない地域があり、比較的中部地方では太陽光発電の効率が若干向上します。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。




世界規模で導入が進むスマートグリッドブログ:18-10-03

読者様は、
減量を始めてしばらくして、
順調に減っていた体重が
急に減らなくなった経験ありませんか?

これって、
減量の停滞期というものなんですよね。
減量をしている方なら、
必ず誰でも経験することだと思います。

その時に、
もう限界なのかなぁ~と勝手に思い込んで
減量をやめてしまったり、
もうこれ以上は続けられないと、
減量をあきらめてしまったりしてはダメなんです。

せっかくこれまでがんばってきたのですから、
続けて減量を行なっていれば、
また必ず体重は減っていきます。

どうして停滞期という現象が起こるのかというと…

減量で食べる事の量が減ると、
今まで摂っていた量の栄養分が体の中に入ってこないため、
体は栄養をあまり使わないようにします。

それと同時に、
せっかく体の中に入ってきた栄養分は、
これまで以上に必死に蓄えようとします。

停滞期に体重が減らなくなったからといって、
今まで以上に必死になって、
減量を行なったりするのは危険!

停滞期は、
体が危険信号を発している状態でもあるからです。

停滞期の時は、
何も変えずにそれまで行なっていた減量を続けましょう!
今は停滞期なんだなぁ~と
楽な気持ちで過ごすのがいいと思いますよ。

もし、ふた月程経過しても体重が再び減ってこなければ、
そこで一度減量を見直してみると良いでしょう。

順調期と停滞期を繰り返しながら減量していくので、
停滞期に入ったときはあきらめずに続けてくださいね。

世界規模で導入が進むスマートグリッド

世界規模で導入が進むスマートグリッド

★メニュー

知っておきたいキャパシター概要
一括見積もりサイトで太陽光発電の比較
太陽光発電パネルは発電量が高くなると価格も高額
太陽光発電とnas電池について
太陽光発電の費用は長期的に回収可能
太陽光発電システムの価格を比較
金額負担が低下している太陽光発電パネル
ソーラーパネルは価格に見合う長期的な利用が可能
もっとお得に太陽光発電システムを活用
世界規模で導入が進むスマートグリッド


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電キングダム